本当に洒落にならないガラスコーティング
ホーム > > 良いシャンプーの選び方

良いシャンプーの選び方


今日ははじめて行く美容院
南船橋の美容院
髪の毛に関する豆知識を聞きました。

良いシャンプーの選び方についてですが

シャンプーは成分別に3種類に分かれ

石油系シャンプー・石鹸系シャンプー・アミノ酸系シャンプーとなります。

ポイントはズバリ、石油系シャンプーは避けましょうと言う事ですが

石油系シャンプーは

〇安価で泡立ちが良い
〇洗浄力や脱脂力が大変高い

〇頭皮への刺激が強く、ふけ・かゆみの原因につながる

頭皮に良くないばかりか環境にもよくないといわれています。

汚れを落とすための界面活性剤が強すぎるわけですが具体的に石油系の悪い成分として

・ラウリル硫酸〇〇〇

・ラウレス硫酸〇〇〇

・ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩

・パレスー3硫酸アンモニウム

などがあげられ成分に“硫酸”の文字がないものを選ぶのがポイントです。

でも、市販品の殆どがはいってます。

なので石鹸系シャンプーはお勧めできません。

人体の表面は弱酸性です。

石鹸系シャンプーはアルカリ性ですから

刺激が強く、頭皮への残存性も高いと言われています。

そして髪の毛にアルカリ性のものがつくともともとあったアミノ酸が

奪われてしまいキューティクルが開くなどの悪さをしてしまうようです。