本当に洒落にならないガラスコーティング
ホーム > > ヘアカタを見る時

ヘアカタを見る時

この前 東京都のヘアサロン へ行ったときにヘアカタログを見て、  『 この髪型イイけど、顔が違うから、、、。 』  『 このモデルだからイイんだ、、。 』  『 髪質とか違うし、、、。 』    自分をその髪型に当てはめてイメージするだけではなく、 そのヘアスタイルを手掛けた、 「 美容師 」 のセンスを見ると その 「 センス 」 が良ければ、 モデルが変わっても、センス良く仕上がるはずです。 だから髪型の写真を見る時は、 『 自分に似合うかどうか? 』 プラス、モデルや髪型の 「 タイプ 」 が、 「 好き 」 か 「 嫌い 」 か、 「 あり 」 か 「 なし 」 かなど、自分なりの感性 で見てみると、とても 「 有意義 」 だと言ってました。。 美容師の仕事は 「 当てはめ 」 だけではなく、 それをその人なりに当てはめるための、 センスと技術だそうです。 一つ言えるのは、髪型の仕上げが良くても、 貴方が 「 家 」 で出来るかどうか?ですよねと。 そこまで考えてこその、美容室だと思いませんか? というプロ意識の高い人だと感じました。